【初心者向け】ブログを始める!WordPress設定:基本設定編


⌛この記事を読むのに必要な時間は約3分です。


WordPressにテーマのインストールまで終わった所だと思います。

そこまで行っていない方はこちらから設定してみてください。

次にしておかなければならない設定は、SSL設定です。

独自SSL化をしていないと、個人情報が盗まれるリスクがあります

独自SSL化をしていないと、第三者に個人情報を悪用されてしまったり、ページを改ざんされてしまうリスクがあります。また、Googleは検索結果ランキングに「httpsサイトを優遇する」と発表しており、SSL化されていないサイトはランキングが低下するリスクもあります。

ロリポップ!より引用

つまり、http://から、https://にURLが変更になって、サイトが暗号化されます。

目次

ロリポップ!で独自SSL証明書導入をする

まずはロリポップ!にログインしましょう。

「セキュリティ」から「独自SSL証明書導入」を選択します。

そして、初心者であれば、「無料独自SSLを設定をする」のボタンを押します。

  1. まだ、独自SSLを設定していないのであれば、画像の様なチェックボックスがあるドメインがでてきます。
  2. ここにチェックを入れます。

SSLを設定すると「SSL保護有効」となります。

予算に余裕がある方ならば、こちらの独自SSL(PRO)を使ってみるのもいいでしょう。

まだ、レンタルサーバーを契約していないのならば、下記ボダンからどうぞ!わたしも使っているのでオススメです。

さあ、WordPressの基本設定へ

ここからは、WordPressの管理画面での操作になります。

まずは、管理画面にログインしてください。

一般設定

左のメニューの「設定」から、「一般」を選択します。

そして、一般設定の中の、WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)のhttp://をSSL設定をしたので、https://に変更しましょう。

変更したら、「変更を保存」ボタンを押して保存しましょう。

これで、ブログのURLがhttps://独自ドメインに変更になります。

同じく一般の下部には、日付のフォーマットや時刻フォーマット、週の始まりなどがありますが、最初はいじらなくいいでしょう。

パーマリンク設定

次にして欲しいのは、「設定」から「パーマリンク設定」を選んで、共通設定のhttps://独自ドメイン/〇〇の〇〇の部分の表示の仕方を選びましょう。

初心者の方であれば、「基本」がオススメです。

その他の基本設定

基本設定には、その他に「投稿設定」、「表示設定」、「ディスカッション」、「プライバシー」とありますが、まずは、ここの設定は触らなくても大丈夫です。

必要になったら、また解説しますのでお待ちください。

まとめ

まずは、ここまで設定できれば、WordPressの骨格となる基本的な設定は終わりです。

次からは、プラグインのインストールや外観の設定などの解説をしていきます。

では、またね〜。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

●職業:主夫/営業マン(正社員)
●年齢:40代半ば
●居住地:東北地方
●家族構成:妻・長女(高校生)・長男(中学生)・妻の母(要介護認定)
●ペット:猫3匹(全部オス)

目次
閉じる